うちわの効果はどんなものでしょうか?費用対効果を知りたいです。

うちわの決め方

うちわの決め方のメイン画像
イベントで使用するうちわの費用対効果について。うちわは単価が安く、捨てられることがない最有力のツールです。

うちわの効果はどんなものでしょうか?費用対効果を知りたいです。

うちわは夏場の風物詩でもありますが、いまや費用対効果の高さから、通年型の広告宣伝ツールとなっています。

概要をお話ししましょう。

◎イベントグッズと費用対効果について。

うちわの費用対効果というものは、たとえば広告宣伝費に100万円をかけて500万円の売上げが上がったら費用対効果はザックリ400万円となります。

広告宣伝費にいくらかかっても売上げが数倍以上になれば良いということになります。

たとえて言えば、チラシの効果は非常に低く、フルカラーで何万枚配布しても、反応してくれるリターン率は1%台です。

それにくらべると、うちわの効果は絶大で、100万円でうちわをつくって手渡ししたとすると、5%以上のリターンを確保できます。

◎捨てられない広告物の最有力ツール。

うちわの魅力は捨てられないことにあります。

しかも、受け取っても邪魔にならない、役に立つという利点があります。

チラシは自社や自店のPRをするだけの紙でしかありませんが、うちわはその場で使えます。

夏場のイベントでの需要はもちろん、いまでは年間を通して需要があるコミュニケーションツールとなっています。

◎進化するうちわは、形もデザインも多種多様。

くりぬき・1枚ものが人気で、鞄の中にもスッポリ収まる便利グッズです。

うちわの進化はとまることがありません。

円形の厚手の紙に指の持ち手に当たる部分が丸くくり抜かれたものは、フルカラー・両面印刷で1枚1円程度です。

100万円などという巨費を投じず小ロットで効果をあげられます。

《極少数ならキット利用がおすすめ》…うちわ製作は手作りうちわキング!うちわキットを1本99円から販売中!

PICKUP記事

SIDE MENU